ドラえもん100体レジンフィギュアコレクションセット1

010 救命イカダ

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

2014年9月にラナから発売されましたドラえもん100体レジンフィギュアコレクションセット1より010 救命イカダのご紹介です。

このシリーズはそれぞれ違ったひみつ道具とともにドラえもんが立体化されるシリーズで、100体を10回にわけ1セット10体の完全受注生産でリリースされています。今回はそのセット1の最後、救命イカダになります。

救命イカダは『大長編 のび太の宇宙開拓史』に登場するひみつ道具です。普段は小さいのですが、水に浮かべると大きなイカダになるというものです。見た目がイカっぽいのが特徴ですが、優れているのは、単なるイカダというだけでなく、イカの先端部分にあたるとことが宿泊もできるテントになっている点です。009 救命クッションに続き、救命つながりですが、救命クッションと比べるとひみつ道具としてはだいぶ性能が優れている気がします。救命クッションって、ドラえもんの時代ではレガシーな技術の印象です。

元はドラえもん100体のイベントで展示された実物大サイズのドラえもんがベースです(ドラえもん100体のイベントについては、001 アンキパンに少し書きましたので、そちらをご参考ください)

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

ドラえもんは躍動感のあるポーズで、これはタケコプターと共通。

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

救命イカダ。

大きくなる前なので、片手で持てるサイズ。

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

底には『ドラえもん100展』のロゴも入っています。

横長なので、007 なんでも操縦機同様、水滴のような形に。

他にも何枚か。

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

以上、ドラえもん100体レジンフィギュアコレクションセット1 010 救命イカダのご紹介でした。

概ねいつもどおりの塗装でした。造形は、ドラえもん本体は基本的に共通の部品でしたので、あまり変化なし。救命イカダは少し地味目でした。

セット1が揃ったので、10体集合させてみました。

ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ ドラえもん100体レジンフィギュアコレクション_セット1_010_救命イカダ

10体揃うとなかなか壮観です。有名なものからマイナーなものまでいろいろみられたシリーズでした。