テヅカモデルノラボ アトム(パールVer.)

テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.)

テヅカモデルノラボよりアトムの限定カラー、パールVer.のご紹介です。

テヅカモデルノラボは2007年にオーガニックという会社(現在はありません)から発売されたシリーズです。素材はポリ塩化ビニル製で、全11種のキャラが展開されました。

パールVer.は限定カラーで、自分は東京駅構内ので期間限定ショップ(TOKYO ATOM)で購入しました。その後,この期間限定ショップは地方展開されていますが、どの段階まで販売されていたのか、今となっては不明です。

本体の方はというと、造形は通常のアトムそのままに、パールカラーで塗装され、全身が光沢に包まれています。もともと人型ロボットなので、せっかくの塗装も違和感が先に来ますが…。

テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.)

オリジナル同様、首と腕が可動します。ただし、ちょっと不安定なところも共通。

テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.)

他にも何枚か。

テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.)

ノーマルバージョンと比較。

ノーマルの方が、色の落ち着きもあって、それぞれの色がくっきりしていて、好ましく感じました。

テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.) テヅカモデルノラボ_アトム(パールVer.)

以上、テヅカモデルノラボ アトム(パールVer.)のご紹介でした。

造形はもともとかわいいので何も言うことがないですが、自分としてはパールコートがあまりしっくり来ませんでした。いっそ、単に何かの色変えるだけでも良かったのでは、と思えます。

さて、もう一つのカラーバリエーションは、プルートゥのメタリックカラーになりますが、こちらはなかなか格好良く仕上がっています。