modern pets friend ATOM

modern_pets _friend_ATOM

play set productsによりデザインされた手塚キャラクターたち、テヅカモデルノ(tezuka moderno)より、鉄腕アトムのおがづめぬいぐるみのご紹介です。

この商品は2006年9月に開催されたテヅカモデルノのお披露目イベント、『The world of tezuka moderno』にて50体限定で販売されたものです。テヅカモデルノの初登場時で、様々な限定品が販売されましたが、play set productsならではと言えるのがこの『modern pets friend 鉄腕アトム』でした。おそらくですが、modern pets friendとしては最後に発表されたおがづめぬいぐるみではないかと思います。

しかし、おがづめぬいぐるみで人型のキャラを作るのは難易度が高かったようで、いくつかの問題を抱えています。

modern_pets _friend_ATOM

正面。

正面からみるとあまり粗はないように見えます。

テヅカモデルノのイラストほどではなくても、それなりにかわいらしく見えます。

黒眼部分はフェルト生地の上に、プラスチックのパーツが配されていて、眼に光があるような表現になっています。

modern_pets _friend_ATOM

側面。

かなりの猫背になってしまっています。

modern_pets _friend_ATOM

背面。

頭の髪の毛がちょっと上に伸びすぎている気がします。

modern_pets _friend_ATOM

両手は中に金属製の軸が入っていて、少しですが、動かして固定することができます。

modern_pets _friend_ATOM modern_pets _friend_ATOM

頭部を下から。

髪の毛の生地があご下まで伸びていて、あご髭みたいに。

modern_pets _friend_ATOM

他にも何枚か。

modern_pets _friend_ATOM modern_pets _friend_ATOM modern_pets _friend_ATOM modern_pets _friend_ATOM

以上、modern pets friend ATOMのご紹介でした。

髪型とか、姿勢とか、あご部分とか、いくつか問題がありましたが、人型のキャラということで制作上の難易度が高かったことが予想され、それがいくつかの問題点として現れたのではないかと考えます。角度によってはかわいく見えるかなというところがせめてもの救いです。制作数がすくないことと、お披露目イベントでの発売という2点が価値のあるところかと思います。

テヅカモデルノとしてはフィギュア類がレベルの高いものが多いので、ぬいぐるみにももう少しがんばってほしかったところでありました。